パパの備忘録~10年以上パパ活で「港区のプチドンファン」をしていたオヤジの手記

うだつの上がらない貧乏&底辺ブサイクおやじの私が、間違ってビジネスや投資で成功して小金持ちになりパパを始めて見たら・・・

パパの備忘録

月収100万円と女遊びと風俗通い

投稿日:

男は老若問わず、少し小金持ちになると女遊びをしたがるもの?!

収入が増えると女を抱きたくなる?・・・・・これは大抵は当たっているだろう。

男が仕事でもビジネスでも少し成功して収入が増えて小金を持つとどんなライフスタイルを模索するか??

一つの例として、男が毎月コンスタントに100万円の収入を安定的に得るようになると、どんなライフスタイルになるか?

当時の私が正にそれで、起業をしてビジネスが軌道に乗り月収100万円を安定的に稼げるようになったのだ。

起業をする前のサラリーマン時代は月収24万~25万位がやっとこさで、月収100万円の世界というのは未知数であった。

それが、事業で上手く行き始めようやく月収100万円前後の金を安定的に稼げるようになってきたのだ。

私を含め、コンスタントに月に100万円位の金を稼げるようになると、生活はどのように変わるのか?

正にそれを実現した当時の私は、今でも鮮明に実感している。

やはり私を含め、男が毎月100万円以上の金を手にするようになると酒、ギャンブル(金融投機含む)、女に走るのではないか?

私もその通りになった(笑)

もともと賭け事が好きな男は競馬やパチンコギャンブルやFXや株のデイトレードなどの金融ギャンブルの投機にうつつを抜かすようになる。

また酒好きの男は夜の街に繰り出して飲み歩く頻度が高くなる。

でも、世の中には酒やギャンブルや投機など興味が無い男もいる。

そんな男が小金を持つと間違いなく足を踏み入れる領域がある。
それが「女」だ(笑)

ちなみに私の場合、ビジネスで少し成功するようになって月収100万円の小金を持つようになった頃は酒や金融投機(FX、株など)、そして女にハマるようになった。

前回の記事の「キャンティクラシコ」でも分かる通り、私は元々酒は好きだった。

ギャンブルは競馬やパチンコ、麻雀等は全く興味が無かったが、当時はFXや株の信用取引、商品先物取引が大好きだった。

今では仮想通貨にハマっている。

そして・・・・私は昔から生粋の女好きである(笑)

酒好き&賭け事好き(金融投機)&女好きの3拍子の私が少し仕事で上手く行って小金を持つようになると、それらの領域にハマりだすのはそれほど時間がかからなかった。

特に若い頃から性欲が盛んで女が大好きだった私は女遊びに注力するようになったのだ。

私が20代~30代の薄給の貧乏サラリーマンの頃は、ボーナス時期などにたまに遊びに行く風俗通いが何よりも楽しみだった。

今の時代ならば男が事業で成功して少し小金を持てばパパ活マッチングアプリなどでパパ活の出会いをすれば若い女の子と遊ぶことが出来る。

しかし私が事業で成功し始めた当時はパパ活なんていう出会いは無かったし、パパ活という言葉すらなかった。

愛人を抱える場合は交際クラブとかデートクラブで探すという手段は知っていたが、当時は交際クラブなんているクローズな世界は近寄りがたい雰囲気があり使う事が無かった。

そんな私が当時、フルに活用してハマったのが風俗だった(笑)

首都圏に住んでいたので都内や近県の繁華街は風俗店が沢山あった。
また、その頃に急激に増えだしていたデリヘルなども充実していた。

私は、これらの風俗店を手あたり次第に通うようになった。

一番コスパが良くて安かったピンサロから始まり、箱型のファッションヘルス、出張型のデリヘルなど。

そしてたまに川崎の堀之内や吉原のソープランドにも行くことがあった。

当時35歳位の頃の私である。
こんな風俗通いが約3年位続いた。

月収100万円位稼げるようになると、毎月何回も風俗店に通ってもなかなかお金が減らないし余裕もあった。

少し可愛い女の子がいるファッションヘルス店などは60分で1万5千円も出せば満足が出来る遊びが出来る。

ピンサロなどは5000円位で遊べる

たまに奮発してソープランドに行っても2~3万円もあれば、かなり楽しく遊べるし満足も出来る。

こう考えると日本の風俗店はレベルが高いし、コスパも高いしリーズナブルである。

女の子も若くて可愛い子が多いし、サービスレベルも高くて安くて満足できる。

正直言うとパパ活の遊びに比べると格段にお金もかからないし、コスパ面も高い。

だから月収100万円の男が多少風俗遊びにハマってもなかなかお金は無くならないどころか毎月十分に現金が余る。

しかし、これに比べてパパ活の遊びはどうか?

パパ活で女遊びをすると月収100万円稼いでいてもアッという間にカネが無くなる。

そう考えると、当時月収100万円を稼ぎ始めた頃の私は女遊びが風俗メインだったのが正解だったと思う。

もし当時、いきなり交際クラブなどで愛人抱えて女遊びなどしていたら月収100万円なんてとっても足りなかったしすぐに金欠になっていただろう。

今でこそ現在の私はビジネスや投資で月収数千万円のレベルを稼いでいるから、愛人を抱えようが、パパ活で色んな女の子と遊ぼうがカネは余裕があるが。

当時の起業したての駆け出し頃の私は月収100万円がやっとこさだったので交際クラブやパパ活のお付き合いは無理だっただろう。

だから当時、コスパの高い風俗遊びを数年間していたのは正解だったといえる。

「パパ活での女遊び」と「風俗での女遊び」の比較についてはまた今度機会があったら書くことにします。

-パパの備忘録
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

キャンティクラシコ

キャンティクラシコ

クリスマス前の誕生日に一人ワインを飲む40代バツイチの独身おやじ 「甲斐性が無い」という理由で奥さんに逃げられた30代のうだつのあがらないサラリーマンだった私。 その後、一種の女性不信となり再婚への道 …